Loading page...

カリカリパン

パン工房「アンティコ・フォルノ・サントゥ・ルッスルジュ」(Antico Forno Santu Lussurgiu)
生産地:サルデーニャ中西部オリスターノ県サントゥ・ルッスルジュ(Santu Lussurgiu)村

アンティコ・フォルノはサントゥ・ルッスルジュ村にある小さなパン工房です。オーナーのステファノは、地元の香木のみを使った薪窯で、地元でとれた素材をもとに、様々なサルデーニャの伝統的なパンを作っています。サルデーニャの伝統的なパンは、羊飼いが長旅に持参できるくらい長期保存可能です。

様々な伝統的なパンの中から、今回はイタリアのチーズや前菜との相性も抜群な3種類のパンをご紹介します。

ビスコッタドゥ(Biscottadu)‐地元でとれた小麦粉、モルトとラードで出来たパンのスライスはサクサクで風味も豊かです。

トランチ・ディ・グティアウ(Tranci di guttiau)‐伝統的なパンであるグティアウをスナックにしたものです。地元のエクストラ・バージン・オリーブ油を使用し、薪窯で焼いて作りました。

カラサウ(Carasau)‐サルデーニャのパンの中では一番人気のあるカラサウは、薄くパリパリとした食感の薄焼きパンで、1年あまりの長期保存が可能です。乾燥したそのままのパンとして食べる以外にも、オイル、水やソースに浸してサルデーニャの郷土料理の一部としても使われます。

パン工房「アンティコ・フォルノ・サントゥ・ルッスルジュ」(Antico Forno Santu Lussurgiu)