Loading page...

エクストラ・バージン・オリーブ油

EXVオリーブ油「サンタ・マリア・デル・カルド」(Santa Maria del Cardo)
生産地: サルデーニャ北部サッサリ県バンカリ(Bancali)村

サンタ・マリア・デル・カルド社のエクストラ・バージン・オリーブ油は、1920年から農業を営むオルメオ家の4代目が生産しています
地道で丁寧な仕事から産み出されるオリーブ油は、体に優しく、オリーブ本来の味わいもしっかりと感じられます。伝統的なオリーブ油生産の経験だけでなく、近年は農学者の知恵も借り、この地域固有の環境や生態系を最大限に活かし、地元のオリーブのみを使った、環境に優しいオリーブ油づくりを心がけています。

サルデーニャ産オリーブ油 ブレンド (PDO)
エレティコ(L’Eretico)
このオイルの最大の特徴はスパイシーな香りです。複数の種類のオリーブでつくられていますが、中でも一番多く使用されているのはサルデーニャ土着品種のセミダーナ種です。アザミやアーティチョークなどの爽やかな香りが楽しめます。サルデーニャの気候と土壌、数多くの土着品種に支えられたエレティコ(ミディアム フルーティ)は、地中海的な味わいを求める方にはぴったりです。

キエリコ(Il Chierico)
このオイルの特徴は苦みとスパイシーさの絶妙なバランスです。複数品種のオリーブと、11月初旬に摘まれたオリーブをブレンドしています。熟練したオイルマスターの丁寧な仕事によって、味わい・香りともにバランスのとれた仕上がりとなっています。

ミスティコ(Il Mistico)
このセレクションの中では最も苦みの強いオイルです。複数のボサーナ種を主な原料としています。洗練され、複雑かつバランスのよい香りが楽しめるこのオイルは、どのようなお料理との相性も抜群です。

単一品種エクストラ・バージン・オリーブ油
単一品種ボサーナ(I puri: Bosana)
サルデーニャらしさ溢れるエクストラ・バージン・オリーブ油です。味わいも濃く、苦みとスパイシーさのバランスが絶妙で、アザミやアーティチョークの香りが楽しめます。

単一品種トンダ・ディ・カリアリ (I puri: Tonda di Cagliari)
サルデーニャ南部の土着品種で作られるこのオイルは、フルーティな香りと、より繊細な苦みとスパイシーさが特徴です。

EXVオリーブ油「サンタ・マリア・デル・カルド」(Santa Maria del Cardo)

アルジェイのエクストラ・バージン・オリーブ油 – Renolia農園
ジェルジェイ(カリアリ)/南サルデーニャ

アルジェイはオリーブオイルの搾油所、ワイナリー、工房を有する農園カンパニーです。 歴史あるアルジェイ搾油所ではオリーブの実からからエクストラ・バージン・オリーブ油を、ワイナリー・ジェルジェイでは葡萄からワインを、工房では“一番塩”のフィオール・ディ・サーレを生産。 長年の経験を活かし、愛され守られ続けてきた古い土地・環境へ最大限の配慮を払った生産方法を駆使することにより、素晴らしい栄養素を保ったここだけの味を表現しています。
古い搾油所の名前であった“アルジェイ”。 農園カンパニー・アルジェイで生産されるエクストラ・バージン・オリーブ油は、ジェルジェイの丘陵地帯に広がる古いオリーブ畑から生まれるピュアな黄金色のオイルです。

イズ・アンタス
“イズ・アンタス”はアルジェイで生産される最上級のオリーブのみを使用したエクストラ・バージン・オリーブ油。 オリーブオイルの町とも言われるジェルジェイにあるRenolia農園で収穫された高品質なオリーブを搾油した100%サルデーニャ産のオイルです。 サラダや蒸した魚介料理、白身のお肉、フレッシュチーズなどとよく合います。 高温に耐えるので揚げ物にも最適。

アルジェイ・ビオ
ビオ農法により育つオリーブをコールドプレス、ろ過なしの100%サルデーニャ産エクストラ・オリーブ油。 オリーブ果実の成熟度を慎重に見定め収穫されると、6時間以内に衛生的にも技術的にも最新の設備で搾油されます。 生野菜やブルスケッタ、肉や魚のカルパッチョなどに最適。

アルジェイ・クラッシコ
透き通る黄金色でしっかりとしたお味。 麦のサラダやマグロのカルパッチョ、魚のグリル、白身のお肉、ヤギのチーズなどと合います。 高温にも耐えるので揚げ物にも適しています。

 

アルジェイのエクストラ・バージン・オリーブ油 – Renolia農園